2008年10月25日

リスク管理に「燃料先物」 豪証取、09年に上場計画-2008/10/17

2008/10/17
印刷するブックマーク:

豪ASXが所有するシドニー市内のオーストラリア証券取引所の建物(ブルームバーグ)
 オーストラリア証券取引所は、石炭や天然ガス、再生可能エネルギー関連の先物を2009年に上場する計画だ。エネルギー会社による相場変動リスク管理に役立つとみられている。

 豪ASXが所有するオーストラリア証券取引所は、09年2〜5月にこれらの先物の取引を開始する予定。同取引所の新興市場担当ゼネラルマネジャー、アンソニー・コリンズ氏は16日、シドニーでのインタビューで、需要が最も多い発電用石炭を最初に上場する可能性が高いとの見方を示した。

 ASXは02年に豪州で電力先物の取引を再開した。新規銘柄の上場により、エネルギー会社や金融関連企業は同一市場で異なる燃料銘柄の取引を行うことができるようになり、相場変動や二酸化炭素(CO2)排出コストの影響で高まるリスクの軽減につながるとみられる。石炭先物は、世界最大の石炭輸出港であるニューカッスルから日本向けに輸出される発電用石炭を基準とする。

 コリンズ氏は、石炭先物取引の参加企業は当初10〜15社で、5年以内に「数千社までいかないとしても数百社」まで増加すると予想。出来高は米国の指

標となる油種、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油に匹敵する可能性もあるとの見方を示した。(Angela Macdonald−Smith)
posted by ルナパパ at 22:22| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

3大航空連合の加盟状況


 ◆スカイチーム(10社)

 アリタリア航空(伊)、チェコ航空(チェコ)、エールフランス(仏)、KLMオランダ航空(蘭)、大韓航空(韓国)、コンチネンタル航空(米)、デルタ航空(米)、ノースウエスト航空(米)、エアロメヒコ(メキシコ)、アエロフロート(露)

 ◆スターアライアンス(18社)

 エア・カナダ(加)、ルフトハンザドイツ航空(独)、スカンジナビア航空(スウェーデン)、タイ国際航空(タイ)、シンガポール航空(シンガポール)、ニュージーランド航空(ニュージーランド)、オーストリア航空(オーストリア)、スイス・インターナショナル・エアラインズ(スイス)、ユナイテッド航空(米)、USエアウェイズ(米)、アシアナ航空(韓国)、スパンエアー(スペイン)、ブリティッシュ・ミッドランド航空(英)、LOTポーランド航空(ポーランド)、TAPポルトガル航空(ポルトガル)、南アフリカ航空(南アフリカ)、ANA(日)、ヴァリグ・ブラジル航空(ブラジル、07年1月31日に脱退予定)

 07年加盟予定 中国国際航空(中国)、上海航空(中国)、トルコ航空(トルコ)

 ◆ワンワールド(8社)

 ブリティッシュ・エアウェイズ(英)、フィンランド航空(フィンランド)、エアリンガス(アイルランド、脱退予定)、イベリア航空(スペイン)、アメリカン航空(米)、ラン航空(チリ)、カンタス航空(豪)、キャセイパシフィック航空(香港)

 07年加盟予定 JAL(日)、マレブ・ハンガリー航空(ハンガリー)、ロイヤルヨルダン航空(ヨルダン)、ラン・アルゼンチン航空(アルゼンチン)、ラン・エクアドル航空(エクアドル)、ドラゴン航空(香港)
posted by ルナパパ at 09:21| グァム ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

チャベス大統領

チャベス大統領、貧困層が圧倒的支持

 □権力基盤を強化

 今年9月の国連総会演説で、ブッシュ大統領を「悪魔」と呼ぶなど派手な反米パフォーマンスで知られるチャベス大統領は、国内的には貧困層からの圧倒的支持を背景に「21世紀型社会主義」などのスローガンを掲げ、着々と権力基盤を強化してきた。

 1954年、バリナス州サバネタの教師一家生まれ。陸軍中佐だった92年、クーデターを首謀し失敗し、2年間獄中にあった。恩赦で出獄後、従来の2大政党の仕組みを批判し、自らの政党「第5共和国運動」を設立。「貧者救済」を掲げ臨んだ98年の大統領選で大勝した。

 以後、国会審議を経ずに大統領権限で法律が制定できる「授権法」を時限立法で制定するなど、急進的な政治改革を進めた。これに対し、2002年4月、軍や財界によるクーデターが発生し、一時失脚したが、貧困層を中心とするチャベス派の街頭抗議行動が激化し、まもなく大統領の座に返り咲いた。

 その後、同年末から翌03年春にかけてのゼネスト、04年の大統領罷免を求める国民投票などの苦境を乗り越え、野党が選挙をボイコットした05年の議会選では、与党連合が全議席を占めた。今回の再選後には、大統領の任期に関する憲法の規定を変えるための国民投票の実施を明言しており、富裕層や旧支配階層から、独裁者への道を進んでいるとの批判が強まっている。

 ブッシュ大統領を批判し、反米姿勢を鮮明に打ち出す一方、中南米独立運動の英雄、シモン・ボリバルに心酔し、ラテンアメリカの結束を呼びかける。シンボルカラーの赤は、所属していた陸軍落下傘部隊にちなむ。野球好きでも有名。2男3女の父親。(カラカス 松尾理也)
posted by ルナパパ at 14:39| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

米インサイダー取引が増加、ヘッジファンドの関与拡大=NY証取-2006/09/27

2006年09月27日07時15分
 [ワシントン 26日 ロイター] ニューヨーク証券取引所(NYSE)の規制部門は、2006年にインサイダー取引が行われた疑いのある140の案件を米証券取引委員会(SEC)に報告する見通し。同部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデント、ロバート・マーチマン氏が、米上院司法委員会の公聴会で語った。

 マーチマン氏は「過去2年間で、SECに報告したインサイダー取引の数やその複雑性は増した」と指摘、ヘッジファンドのインサイダー取引への関与が拡大しているとの見方を示した。

 NYSE規制部門がSECに報告したインサイダー取引の数は、2004年が68件、2005年は111件で、2006年は前年から26%増となる見通し。

posted by ルナパパ at 18:48| グァム ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

トニー・ブレア英首相(53)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ⇒ 元弁護士。初選挙は落選したが、2度目の挑戦となった
 1983年の総選挙では、30歳の若さで、労働党から
 下院議員に当選した。

 1994年、前党首の急死をうけて、41歳で党首に就任。

 「脱社会主義」を掲げ、党の綱領を改正するなど、近代化に
 取り組み、労働党を労働組合の党から、近代的な中道政党へ
 と変えた。

 ブレア人気の中、97年の総選挙で圧倒的な勝利を収め、
 18年ぶりに労働党に政権をもたらし、43歳の若さで、
 イギリス首相の座に就いた。 

 その後、2度の総選挙にも勝利し、労働党史上初の3期連続
 政権を実現させている。

posted by ルナパパ at 09:16| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

ネパールの「マオイスト」

「マオイスト」は、日本語でいうと「毛沢東主義者」である。
そして、ネパールは毛沢東を生んだ中国のすぐ南にある。
このことから、マオイストはネパールの親中国勢力のことを指すと思われがちだ。
たしかに、マオイストは、政党としては「ネパール共産党」を自称している。

 しかし、中国はマオイストを支援せず、逆に、マオイストと敵対してきたネ
パール王室を支援し続けてきた。マオイストは、王制と、封建的な土地制度が
残っているネパールで、王制の廃止と農地解放を実現するためにゲリラ活動を
行ってきたが、その思想は中国からの直輸入ではなく、ペルーの「輝ける道
(センデロ・ルミノソ)」など中南米の左翼ゲリラが掲げてきたアンデスの農
地解放の理想をお手本にしている。毛沢東思想は、中国から地球の反対側を一
周して、ネパールのマオイストの思想になっている。

 2003年には、中国の駐ネパール大使が「ネパールのゲリラが『マオイス
ト』を自称することは、故・毛沢東主席のイメージを悪化させるものであり、
許すべきではない」と発言している。
posted by ルナパパ at 19:21| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

カネボウ粉飾決算、元会計士3人に有罪・東京地裁 -2006/08/09

 カネボウの粉飾決算事件で、2003年3月期まで2年間の連結決算の粉飾に関与したとして、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた中央青山監査法人の元代表社員、佐藤邦昭被告(64)ら元公認会計士3人=いずれも登録抹消=の判決公判が9日、東京地裁であった。毛利晴光裁判長は「多数の投資家の判断を誤らせた許し難い悪質な犯行」として、同被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 同罪に問われた元代表社員、徳見清一郎(59)、同、神田和俊(56)の両被告はいずれも懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)。判決は顧客の企業との不適切な関係を生む現行制度の問題点、監査法人のチェック体制の不備を厳しく指摘した。

 毛利裁判長は「被告らは遅くとも1998年10月ごろには、カネボウの粉飾の実態を具体的に知ったのに、過去の不適切な監査が明らかになり、自分や監査法人の責任が追及されることを恐れ、ずるずると不正経理に加担し、監査報告書で適正意見を付けた」と認定。
posted by ルナパパ at 19:25| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

中坊公平

(なかぼう こうへい、1929年8月2日 - )は京都市生まれの元弁護士。元日弁連会長。日本法曹界のスターとして長く活躍し、多くの弁護士の憧れの的であった。
平成の鬼平

目次 [非表示]
1 経歴
2 著書
3 関連人物
4 外部リンク



[編集]
経歴
旧制同志社中学校(現・同志社高等学校)、同志社外事専門学校を経て京都大学法学部卒。新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)特別顧問。京都の老舗旅館「聖護院御殿荘」の経営者。2005年に弁護士を廃業している。

弁護士として森永ヒ素ミルク中毒事件、千日デパート火災、甲山事件など多くの事件に関わったほか、豊田商事事件では破産管財人を務めた。1990年には日本弁護士連合会会長に就任。1996年には住宅金融債権管理機構の社長、1999年には整理回収機構の社長に就任。

しかし2001年に住宅金融債権管理機構社長時に不適切な債権回収を行っていたことが明らかになり、その責任を取る形で2003年には弁護士の登録取消届を提出し廃業の意向を示した。ただこの廃業については「検察の起訴を免れるための司法取引だ」として同氏を批判する声も多く、その対応について賛否が分かれている。 廃業の意向は懲戒審査のため受理されていなかったが、2005年11月11日に受理、正式に廃業が決まった。

posted by ルナパパ at 12:09| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

米ヤフーCEOの給与は年1ドル、ストックオプションに比重-2006/06/05

 【シリコンバレー=村山恵一】米ヤフーは今後3年間、テリー・セメル最高経営責任者(CEO)の給与を年1ドルにすることを決めた。報酬はストックオプション(株式購入権)に比重を置く。競争が激化する中、経営トップの奮起を促す。CEOの1ドル給与はライバルのグーグルも採用している。報酬制度の見直しで投資家に企業価値向上への意欲を示す狙いもありそうだ。

 米証券取引委員会(SEC)に提出した資料によると、セメルCEOは2006―08年の給与が年1ドルになる一方、600万株のオプションを付与された。5月31日の終値31.59ドルでヤフー株1株を取得でき、仮に株価が2倍になれば、総額約1億9000万ドルの収入となる計算。ボーナスとして最大で年100万株のオプションも上乗せされる仕組みだ。

 セメルCEOの過去3年間の給与は年60万ドル。米メディアなどによると、同CEOは過去3年間に1810万株のオプション行使で4億2900万ドルの収入を得た。


[2006年6月5日]

posted by ルナパパ at 09:24| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

ロナウジーニョの本名

「ロナウド・ジ・アシス・モレイラ・ガウショ」
普通ならロナウドになるはずだが、何しろ現在のブラジル代表には「怪物」ロナウドがいるため、ロナウジーニョ(小さなロナウド)という登録名を使うことになった。ちなみにロナウド自身も、1994年のワールドカップに出場したときはロナウジーニョの登録名だった。  

ブラジル人には、出身州によっていろいろな呼び方がされています。

例えば、リオ・デ・ジャネイロの出身者はカリオカ
サン・パウロ出身者はパウリスタ
そしてリオ・グランデ・ド・スル出身者をガウチョ(ガウショ)と呼んでいます。

ということは、ロナウジーニョの本名は「ロナウド・ジ・アシス・モレイラ・ガウショ」なので、彼はリオ・グランデ・ド・スル出身となる。
posted by ルナパパ at 05:01| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

ジーコ

(本名:アントゥール・アントゥネス・コインブラ)

 「Zico」という呼び名は、本来「ズィーコ」と発音するべき
 だが、そもそもこれは、いとこが付けたニックネームである。


 <第1話>

 1953年ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ市の近郊で、
 6人兄弟の末っ子として生まれる。

 子供の頃は毎日兄弟で、草サッカーをして遊んでいた。
 長男と3男は、共にプロのサッカー選手として活躍した。

 14歳の時、ジーコにも、ブラジルの名門チーム、フラメンゴの
 ユースチームの入団テストを受けるチャンスが訪れる。

 しかし、テスト当日、ジーコを見た監督は「あのチビの
 どこがすごい選手なのか?」と言い放ち、なかなか本気に
 してもらえなかった。

 プレーヤーとしての技術は、少年時代から傑出していたジーコも
 体格に恵まれていなかったのである。


<第2話>

 ジーコは、テストに無事合格し入団するが、ゲームになると
 体格で負けてしまい、十分な活躍ができない日々が続いていた。

 そこで、監督は肉体改造することをジーコに提案する。
 以来、毎日、朝5時半から夜は10時半まで、トレーニングに
 明け暮れる日々が続いた。

 その結果、ジーコの身体はみるみると出来上がっていき、
 その年、ユースリーグの得点王を獲得する。

 19歳になると、ユースでの活躍が認められ、フラメンゴの
 トップチームへ引き上げられることになった。

 しかし、ジーコはミュンヘンオリンピック出場の為、アマ
 チュア資格が与えられるユースチームへ戻ることを決断する。

 ジーコ自身は、経済的な負担をかけた両親を楽にさせる
 ために、プロの選手としてトップチームに残りたかったのだが、
 オリンピック代表監督から直々に代表入りを打診されたこと
 から、オリンピックでの金メダル獲得にすべてを賭けたのだった。

 ところが、出場選手発表の日、ジーコは、自分が代表から
 外されたことを知る。

 代表監督に裏切られた思いは、絶望感で満ちあふれてくるのだった。
 ジーコにとって、生まれて初めて味わう挫折感だった。 

<第3話>

 フラメンゴと正式なプロ契約を結び、ようやく一人前になった
 と自覚したジーコは、4年間付き合っていたサンドラと
 結婚。その後、2人は3人の息子に恵まれる。

 そして、フラメンゴはジーコを中心に全盛期を迎えた。

 リオ選手権をはじめ、多くの大会を制し、クラブ選手権世界一
 を決定するトヨタカップでも優勝を果たす。ジーコはここでも
 MVPを獲得するが、ジーコらしいエピソードが残されている。

 MVPの副賞として、トヨタセリカが贈られたのだが、
 ジーコは車の価格を調べ、その価格分をチームメート全員に
 分けたのである。

 「セリカは代表してもらっただけだ。控え選手も含めて、
 皆のサポートあってのものだから、皆で分けるのは、少しも
 不思議な話ではない」と語っている。

<第4話>

 1980年代、ブラジルは経済不況に陥り、その影響で
 サッカークラブの経営はどこも厳しい状況になっていた。

 その頃、外国人選手の入団を解禁したイタリアのセリエAは
 ブラジルの有望選手の獲得に動いていたこともあり、移籍金
 目当てで、スター選手を手放すオーナーが激増した。

 ジーコにもASローマからのオファーもあったが、当時の
 会長は、決してジーコを手放そうとはしなかった。

 ところが、1983年、フラメンゴの新しい会長に就いた
 男が、ウディネーゼというチームへの移籍を決めてしまった。

 イタリアへ移籍した後も、ジーコの活躍が止まることはなかった。

 チームはかつて一度も勝ったことがなかった強豪ASローマ
 から、白星を挙げ、ジーコ個人も最高得点率賞を受賞し、
 MVPを獲得した。

 2年間のイタリアでのプレーの後、ブラジルのフラミンゴへ
 復帰するが、それからはケガとの闘いであった。

 相手チームのディフェンダーのラフプレーによって膝を負傷。
 治療の為に、4度も手術を受けることとなる。

<最終話>

 18年間に渡る現役生活を終えたジーコは、サッカーへの
 恩返しにと、ブラジル・スポーツ庁長官に就任する。

 その後、鹿島アントラーズの前身である住友金属FCと
 監督兼任の選手契約を交わすことになるのだが、その際の
 契約金は、実際に本当のわずかの額であったと言われている。

 プロ・サッカーリーグの発足と、ワールドカップ招致を
 目指した、日本のサッカーに貢献することに大きな意義と
 関心を持っての決断だった。

 そして、Jリーグ・最初のリーグ戦では、第一ステージで
 見事、鹿島アントラーズを優勝へと導いた。

 日本で3年間の現役生活を終え、鹿島アントラーズのテクニ
 カルディレクターに就任する一方、ブラジルでは「ジーコ
 フットボールセンター」を開校する。

 これは、ジーコの長年の夢の実現であった。

 世界中から子供達を集め、サッカーを指導・育成して、自分で
 プロのサッカーチームを作るという壮大な計画なのである。

 まもなくドイツワールドカップが始まる。
 日本サッカーを誰よりも愛するジーコ。
 日本代表チームを勝利へ導いてくれることだろう。


 ジーコ (本名:アントゥール・アントゥネス・コインブラ)
 通算総出場試合数・・・1,175試合
 通算総得点数  ・・・831点

posted by ルナパパ at 15:39| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

ブリッジキャピタル証券

この会社は新規のヘッジファンドを立ち上げるマネージャーに対して営業サポート、ディスクローズを行う会社です。米国ではこういったインキュベーションといわれている一種の投資家がおります。かれらは、新規マネージャーのサポートをバックオフィスと営業、事務所を一部貸す代わりに彼らの株式を一部保有するといった仕組みです。もし、新規マネージャーの運用がうまく行き、預かり資産も増えれば株式価値が増え、実際には配当と言う形で収益を確保するわけです。このように新規マネージャーを丸抱えして一つのオフィスにいくつもの机を貸しているインキュベーターがここニューヨークにはたくさんあります。その日本版の先駆者がこのブリッジキャピタル証券と言うわけです。日本市場へ進出する新たなヘッジファンドマネージャーの卵がこの数年で孵化する事でしょうし我々も厳しい競争化に置かれるという危機感を持って運用をしなければといった競争心が沸いてきます。ますます楽しみです。
posted by ルナパパ at 12:55| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

スターバックス(Starbucks)


 1971年、ワシントン州シアトルで1号店をオープン。同社のマーケティング担当だったシュルツ現会長が85年に始めたエスプレッソ・コーヒーバーが大成功し、2005年末で世界37カ国に1万241店(うち日本国内は06年3月末で602店)を展開。売上高は64億ドル(約7232億円)。社名はメルヴィルの小説「白鯨」でピークオッド号に乗り組むコーヒー好きのスターバック(Starbuck)一等航海士に由来。
posted by ルナパパ at 09:38| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

ネパール共産党毛沢東主義

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ⇒ 共和制の実現をめざして、ネパールの王制を打倒し、
 国王の国外追放、処刑を主張する非合法組織のこと。

 毛派とも呼ばれ、主に貧困層からの厚い支持を受けて、多くの
 農村や山間部を実効支配し、国王派(国軍)と激しい衝突を
 繰り広げている。

 昨年2月、ギャネンドラ国王は、首相を始め全閣僚を解任し、
 非常事態を宣言。 以降、自ら直接統治を行っていた。
 国王の強権政治に反対する議会派(主要7政党)と、国王派
 (国軍)、そして毛派の3つが複雑に絡み合い、ネパールの
 政治は完全にマヒ状態と言える。
posted by ルナパパ at 09:25| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

金正日(朝鮮労働党総書記)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今週は、先日64歳の誕生日を迎えた金正日(朝鮮労働党総書記)
 の物語です。


 <第1話 生い立ち>

 金正日総書記の話題が、日本のマスコミで取り上げられない
 日はない。金正日総書記とはいったいどんな人物なのか。

 金正日、1942年2月16日生まれ。金日成(キムイルソン)
 と金貞淑(キムジョンスク)の長男として生まれる。

 ちなみに、朝鮮労働党の幹部が乗っているベンツのナンバーは
 金正日の誕生日の「2−16」ですべてはじまるのだ。

 北朝鮮では、民族の霊山とされる白頭山(ペクトウ)の密営で
 生まれたとして、その場所を聖域化しているが、実際には、
 ウラジオストク近くにあるソ連軍が作った兵営で生まれた。

 名前をロシア名で「ユーリ・イルセノビッチ・キム」。
 ユーラと呼ばれていた。

 高校を卒業する前、名前を「金正一」(キムジョンイル)と
 名前を変え、現在の「金正日」の字になるのは1970年代に
 なってからである。金日成の「日」と同じ字を使うことで、
 自分だけが純粋な血統を継承した者と印象づけたのである。

 その後、母、金貞淑が亡くなり、継母 金聖愛(キム ソンエ)は
 娘1人と息子2人を生むこととなる。


 <第2話  映画>

 金正日総書記は、やがて、高級幹部の子供しか入学できない
 金日成総合大学に入学する。
 
 大学時代の彼は、異常なほど映画好きであった。特に、ソ連の
 映画は大のお気に入りで、それは、唯一、外の世界と通じる
 ものであったからかもしれない。

 海外から映画のフィルムが持ち帰られると、すぐさま、朝鮮語
 に翻訳され、吹き替えが行われて、官邸や休養所に送られる
 のであった。

 今では、15000本もの世界各国の映画フィルムが、
 北朝鮮には所蔵されている。

 大学卒業後は、映画の制作にも力をいれる様になり、70年代
 後半から、北朝鮮映画は世界の舞台でも注目されるようになる。

 この頃、曽我ひとみさんの夫であるジェンキンス氏も、米軍の
 将校役として映画出演していたことがある。

 <第3話 喜び組>

 「喜び組」は、日本のマスコミでもよく取り上げられるが、
 他にも「満足組」「幸福組」「歌舞組」などがある。

 10歳ごろから選抜がはじまり、選ばれると私生活は厳重に
 管理される。ひとたびメンバーに選ばれた女性は、派手な
 生活を送ることが約束され、まず、超豪華マンションが与えられ
 家電製品も日本製のものが支給される。

 金正日と一夜を過ごすと、サイン入りのオメガの時計が贈ら
 れるとも言われている。
 
 しかし、年齢制限があり、多くの場合は25歳になると引退し
 「秘密保持」のために、国家の功労者や将校らと結婚すること
 となる。



 <第4話  経済>

 北朝鮮の経済情勢は悪化の一途を辿っている。特に、
 エネルギーの不足や、干ばつによる食糧不足は深刻である。

 にもかかわらず、経済の発展とは関連ないものに、多額の
 お金が投入されている様だ。

 数え上げればきりがないが、「金日成凱旋門」「主体思想塔」
「朝鮮革命博物館」をはじめ、各地に金日成の銅像が建てられた。

 また、計画性や技術の不足から、新設した多くの巨大工場が
 操業不能のままとなっているケースも多い。

 そして、今や、経済の崩壊は軍事力の崩壊へと移行して
 きている。軍人は平然と賄賂を受け取り、燃料不足で軍事訓練も
 おぼつかないのが、今の北朝鮮軍の実態なのである。

posted by ルナパパ at 12:35| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

チェイニー副大統領

エール大学を学業不振で中退
posted by ルナパパ at 09:14| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ウラジーミル・プーチン

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 笑わない、無表情、元スパイ、格闘技とドイツ語に堪能。。。

 ゴルバチョフやエリツィンと比較すると、カリスマ性に
 欠けるにもかかわらず、「難しい」国ロシアの大統領に就いて
 はや6年が経過しようとしています。

 次週に来日を控えたロシア大統領、ウラジーミル・プーチン
 とは、一体、どんな人物なのでしょうか?


 (第1話)
 プーチンには、2人の兄がいた。「いた」と言うのは、
 共にプーチンが生まれる前に、病気と飢餓で亡くなっている
 からだ。 

 鉄道車両の工場に勤める父と優しい母は、どうしても子供が
 欲しかった。 幸いにして、プーチンを授かった時には、
 母はすでに40歳を超えていた。

 こうして、プーチンは炊事・トイレ共同の、部屋は1つしかない
 共同住宅で、貧しい少年時代を過ごした。

(第2話)
 勉強があまり好きではなかったプーチンは、小さい頃から
 スポーツ、特に格闘技に夢中になった。 ボクシング・
 サンボなどを経験し、やがて、柔道へとはまっていった。

 後に、プーチンは「柔道は単なるスポーツではなく、哲学だ」
 とまで言い切っている。

 2000年に来日した時には、講道館より柔道六段の段位を
 贈られることになったが、「私は柔道家ですから、六段の帯が
 もつ重みをよく知っています。ロシアに帰って研鑽を積み、
 一日も早くこの帯が締められるよう励みたいと思います」と
 語り、丁重に辞退している。

(第3話)
 ある日、レニングラードにあるKGB(ソ連のスパイ活動を
 担当する機関)の玄関に、1人の少年がやって来た。

 応対に出た職員に、少年は、こう尋ねた。
 「ここで働きたいんだけど・・」

 すると職員は答えた。「坊や、大学を出てから、もう1度
 来なさい。じゃないと、ここには入れないね」
 
 「どこの大学がいいの?」「どこでもいいけど、法学部が
 いいかな」

 当時、多くの子供が夢中になった、スパイの活動を描いた
 映画を見て、スパイにあこがれたプーチンの、少年の頃の
 逸話である。 

 しかし、プーチンの周囲には、KGBの関係者はおらず、
 コネなど全く無かった。

(第4話)
 飛びぬけた成績ではなかったが、プーチンは競争率40倍と
 いう難関のレニングラード大学法学部に合格する。
 ここで、プーチンは、後に彼の運命を変えることとなった
 恩師と出会う。

 4年生になり、スパイになるという望みを捨て、現実的な
 就職口を探し始めていた頃のことだった。 ある人物から
 「あなたの将来について話がしたい」という問い合わせが
 あった。

 折りしも、この頃はKGBの新しい局長から、高学歴の有能な
 人材を一般から積極的に登用するという方針が出された直後
 であった。

 1975年、大学を卒業したプーチンは、念願だったKGBに
 入局する

 (第5話)
 念願のKGBに入局したプーチンは、1985年、東ドイツ
 支局への転勤を命じられる。任務は、東独を訪れる西側諸国の
 実業家や学者から、KGBへの協力者を募ることであった。

 しかし、89年にベルリンの壁が崩壊。90年には、
 ゴルバチョフとブッシュの歴史的な会談「マルタ会議」により、
 東西の冷戦時代が、終わりを告げた。 同時に、それは
 プーチンら、スパイの任務の終わりでもあった。

 米ソ両首脳の会談中、プーチンらはKGBの事務所で、
 過去の機密書類の焼却に追われていた。

 1990年、失意のうちにプーチンはソ連へと戻っていった

 (第6話)
 1990年、東ドイツから故郷のレニングラードに戻って
 みると、そこは、もはやプーチンがいた頃のソ連では
 なかった。 冷戦の終焉と共に、ソ連の何もかもが変わって
 しまっていた。

 プーチンにあてがわれた配属先は、人事局。
 あまりの退屈さに、KGBを辞めようと考えていた時だった。 

 偶然にも、大学時代の恩師、サプチャックがレニングラード
 の市長になっていたことを知る。

 結局、プーチンはサプチャックの国際関係担当顧問になる
 ことを選んだ。そして、サプチャックの右腕となり、有能な
 官僚としての力を発揮していった。

 94年、副市長に昇進。プーチンは、市場の開放を推進する
 改革派として名を上げ、コカコーラやP&Gなど、外国企業
 の現地進出を積極的に後押しした。


 (第7話)
 「冷静沈着で、忠誠心が厚く、決してでしゃばらない」

 これは、当時のプーチンに対する周りの評価である。
 このまま、地方の一官僚として、生涯のキャリアを終える
 はずであったプーチンに、再び転機が訪れた。

 仕えていたサプチャクが、市長選に敗れたのだった。

 プーチンは、後任の市長からの慰留にもかかわらず、サプチャク
 と共に、潔く身を引く決心を固める。

 市の行政を去って、2ヶ月が過ぎた頃、地方でのプーチンの
 誠実な働きぶりを耳にしたエリツィン大統領の金庫番だった
 人物から声がかかる。 そして、プーチンはクレムリンで
 働くこととなった。

 大統領府総務局での仕事だった。ここでも、プーチンは有能な
 官僚として頭角を現し、徐々にエリツィンを始め、クレムリン
 の中枢からの信頼を得ていった。

 そして、98年7月、エリツィン大統領は、プーチンを
 連邦保安局(かつてのKGB)長官に任命する。
 スパイに憧れた少年が、ついにスパイの最高位に就いた瞬間
 であった
 
 (第8話)
 プーチンが、エリツィン政権最大の危機を救ったエピソード
 がある。

 98年から99年にかけて、官公庁施設の工事を請け負う
 会社からの見返りとして、多額の金がエリツィンと家族に
 流れたというスキャンダルが、連日、マスコミを賑わせて
 いた。 

 当時の検事総長だったユーリーは、エリツィン叩きの急先鋒
 として、この収賄事件を厳しく追及しており、エリツィン
 政権は、崩壊寸前のところまで追い詰められていた。

 ある日、1本の盗撮ビデオが、ユーリーの前に出される。
 それは、ユーリーと思われる人物が、娼婦らしき女性と
 ベッドの上にいるところであった。


 (最終話)
 ユーリーは、ビデオテープと引き換えに、検事総長の辞表の
 提出を迫られる。 いったんは辞任に同意したユーリー
 だったが、ユーリーの「解任」を決議する国会の審議中、
 突然、「私は大統領府からの圧力を受けて、辞表を提出させ
 られた」と発言し、国会審議は空転する。

 ロシアの全国放送を通じて、そのビデオテープが放映された
 のは、その夜のことだった。

 こうして、危機を逃れたエリツィンだったが、この
 盗撮ビデオによるユーリー払い落としを、水面下で全て
 指示したのはプーチンだったと言われている。

 大統領への忠誠を示したプーチンは、また1歩、頂点へと
 近づいていくのであった。

 そして、1999年12月31日、エリツィンが大統領を
 辞職する。新しいミレニアムを、ロシアは新しい大統領で
 迎えることとなった。

 あれから5年。
 不安定なロシア政界の中で、カリスマ性を持たず、いつも
 冷静沈着な男は、今も舵を取り続けている

posted by ルナパパ at 12:29| グァム ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サルコジ内相

サルコジ内相が暴徒を「社会のクズ」「ゴロツキ」などとあおっている。
 同氏は頭の回転の速さと毒舌で知られる次期大統領選の有力候補。
得意の毒舌で日本の大相撲を「なでつけたポニーテールの太った男同士の戦い」、東京を「息苦しい都市」などとこきおろし親日派のシラク大統領を当てこすった前歴もある。
posted by ルナパパ at 10:27| グァム ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

サーベラス(ファンド)

 サーベラス・グローバル・インベストメンツは米国に本拠を置く投資ファンドだ。1992年に企業再生ファンドとして創設された。企業再生を専門に手がけるファンドとしては世界有数の事業規模を持つ。

 金融機関や年金基金などの機関投資家、個人富裕層からの出資を受けて、本来の企業価値を十分に発揮できていない企業の再生案件に投資する。

 日本ではあおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)やダイア建設、木下工務店などの再建に取り組んできた。帝国ホテルの筆頭株主である国際興業も傘下に収めた。

 ダン・クエール会長は元米副大統領だ。1989―93年の4年間、現ブッシュ大統領の父親のブッシュ政権でナンバー2を務めた。2000年に特別顧問としてサーベラス入りした。

 「サーベラス(Cerberus)」という名前はギリシャ・ローマ神話に登場する、冥界(めいかい)の門の番犬、ケルベロスに由来する。

posted by ルナパパ at 18:26| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

岡田克也

民主党トップ
イオン社長である岡田元也氏の実弟
イオンの進出に抵抗する商店街の支持層=自民党の守旧派
posted by ルナパパ at 14:04| グァム ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。