2004年07月20日

中高生の数学五輪、日本は8位・1位は中国 −2004/07/17

世界の中高生が数学の難問に挑む「国際数学オリンピック」が17日までアテネで開催され、日本代表チームは国別で8位となった。個人では2人が金賞、4人が銀賞を獲得し、代表選手6人全員が受賞した。

 日本チームは1992年の8位が過去最高で、これと並ぶ好成績。同オリンピックは今年で45回目で、85カ国・地域から約500人が参加した。

 日本代表のうち金賞を獲得したのは清水俊宏君(早稲田実業高3年、東京都)、西本将樹君(灘高3年、兵庫県)。

 チーム全員の合計得点を競う国別では中国が1位だった。

 昨年の同オリンピックは東京で開かれ、日本チームは国別で9位だった。
posted by ルナパパ at 10:13| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。